のんきな大航海☆逆風帆走すくらっぷぶっく
KOEI 大航海時代Online、NOTOS イングランド所属 ☆☆☆「のんきなわいど」の、のんきすぎるLOGBOOK です。 



Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






「黎明の幻の店」 | 大航海時代online徒然の日記(その他)
 この地域は、朝が、とにかくみんな早い。

 もともと、かつては、遠洋マグロ漁と近海漁業、金山で栄えた漁師町や鉱山町だった影響もあるが、高齢者も多いのも理由だろう。

 また、昼間は、猛烈に陽射しが強くなるので、途端に人通りが、極端に少なくなる。

 夜・・つーか、もう日暮れ前の夕方になると・・・人は、外には、ほとんどいない。

 まあ、迷い道と地域になれるためにも、引越し前、ほぼ毎日、日本の西の地でやっていたような「蜜柑山」のような散歩コースはないので、新しいコースを、開拓しなければならないと思った。

 これは、長崎のお医者さんからも、強く言われていた事だ。

 そこで、海岸線にある小さな太鼓橋を渡って行く島にある神社と馬頭観音様、寺院やお墓などや、港など、また果樹園などを散歩コースに加えた。

 そして、その・・途中に、一軒の普通の民家があるが、軒先にいつも無人販売所を出している民家がある。

 しかし、この無人販売所は、真昼、いっても、まず、何も置いてない・・・。

 では、いつあるか・・。

 夜が明ける前にしか品物はないのだ。

 夜があける前の暗いうちに、あっという間に、全ての商品が売り切れるという、朝暗いうちにだけ商品のある、朝霧のような「幻の店」なのだ。

 そして、無人販売所の奥、その民家の庭先にも、バケツなどに入って、瑞々しい、たくさんの花が売っている。

 今は、胡椒花とかいう、唐辛子みたいな花がたくさんある。
 また、小菊みたいなものもたくさんある。

 野菜もある。きゅうりやナスやジャガイモなんて、袋入りでたくさん、でっかいのがある。とれたての、「朝一番」なのだ。
 
 だけど、全品100円均一である。

 これが100円でいいのだろうか・・と
思うが、とにかく、どんなたくさんの量に包んであるジャガイモ袋も100円である。

 だから、そんな時間でもたくさんの人、まあお年寄りが多いが、買いに来る。
 私も、馬頭観音様に備える花や野菜を買ったりするため、暗いうちに行く。
 遠いスーパーより断然安く、新鮮で、量も多いのだ。

 花もとてもたくさんの量と種類があるからありがたい。
 お供えするには、私のお財布の寂しさでは、その値段は、とてもありがたいのである。
 街のスーパーや農協でも売ってはいるが、同じ物でも、値段はもう少しする。
でも、東京や大阪よりは、断然安くて、新鮮なものだと思う。
 見た目で、形は悪いが、元気がよさそうなのが多い。

 思うに、東京などの大都市圏には、高い値段で、形のいいものや農薬を使ったものだけを選んで出荷して、地元では安くないと売れないので、形も悪く、あまり手もかけていないものを出している感じである。
 でも、どれも元気もいいし、鮮度もよい感じである。

 そこより、「幻の店」のほうが、更に形は悪いが、大きくて、100円での量もおおいし、鮮度もよい感じだ。

 太陽と土と水と農家の方の恵み一杯!!という感じである。
 とてもありがたい。花も持ちが違うのである。

 だから、朝は、体調的にしんどくても、「幻の店」で品切れになる前に行く事にしている。

 まだ、引越し早々なのに、もう、そこのおばあさんに、早くも覚えられていて、「若い人」だから、と100円で、更に、おまけして、余分にナスとか瓜とかくれたりする。

 「若い人」って・・・。
 
 あのー。んー。まあ、この地域では、・・・そうなるのか・・・。

 ちよっと、まあ、なんていったらいいかである。
 
 他には、野の花は、ちらほらとあるが、後は青い空と海と山と田んぼと畑と人家が少し、空き家、空き地、おじいさんより、やたらと元気な、おばあさんが、さらに多数いる地域であるのだった。
→ more・・
スポンサーサイト

テーマ=大航海時代Online - ジャンル=オンラインゲーム




【2008/07/31 08:16】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。