のんきな大航海☆逆風帆走すくらっぷぶっく
KOEI 大航海時代Online、NOTOS イングランド所属 ☆☆☆「のんきなわいど」の、のんきすぎるLOGBOOK です。 



Top | RSS | Admin
スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






弱毒性 | 大航海時代online徒然の日記(その他)
「弱毒性」という言葉が一人歩きしている、新型インフルエンザ。
H1N1型。この「言葉」が、また安心感を与えているのだが、「弱毒性」だから「安全」なのか・・。

 すでに、もう国内各地に感染は、拡大しきったと考えるべきだろう。

 熱の有無、症状の有無だけで、感染していないと、判断するのも、おかしい話だ。
 潜伏期の間は、熱も症状も出ないで、ウィルスは増殖し、周囲にも出続けている。
 だからこそ、関西圏にいきなり飛び火したのである。

 人口密集地と学校、職場、満載した通勤電車、交通機関の過密ぶりと、高速化、さらに、休校にしても繁華街に出かける人々。

 来週には潜伏期を過ぎた感染者が、倍々と増えていくだろう。全国各地でほぼ一斉にと考えるのが自然だ。

 だけど、「弱毒性」だろう・・・だから「安心・大丈夫」・・・という意見もある。

 が・・パンデミック新型インフルエンザ、第二次世界大戦や第一次世界大戦より死者を出した、スペインかぜ、これでも「弱毒性」なのである。
 そして、主に三回もの襲来を繰り返した。

 その三回の間に、どんどん病原性を増していったのである。

 第1次世界大戦の最中、3波にわたり全世界を襲い、第1波は1918年3月に米国北西部で出現。米軍とともに欧州に渡り、西部戦線の両軍兵士に多数の死者を出して戦争の終結を早めたとまでいわれている。
 
 スペインの王室の罹患が大々的に報じられたことからスペインかぜと呼ばれるようになった。「かぜ」ではない。H1N1亜種の新型インフルエンザである。でも、「弱毒性」だけど。

 第2波は同年秋、世界的に同時発生してさらに重い症状を伴うものになり・・・、さらに、 第3波は1919年春に起こり、ようやく同年秋に終息に向かった。

 この時、注目すべきは、「第1波」の時は、「弱毒性」だったのに、変異を続けて、感染を続ける間に、次の「第二波」は、突然、毒性が強くなってきたことである。

 「弱毒性」は、安心できる言葉ではなく、逆に油断するだけに、危険ともいえるのである。
 
 今回の新型インフルエンザも、現在の第一波が「弱毒性」であっても、人から人に簡単に感染する能力を得た後、毒性を強めて、「第二波」として流行する可能性もあるし、さらに・・インドネシア、南アジア、中近東などの豚に広まりつつある強毒性も強毒性の鳥インフルエンザH5N1型と交雑して、更なる、超・強力新型インフルエンザが新たに現れる可能性も十分にあるのだ。

 「今のところ」、急に毒性が強まるとは、単に現段階では「予想しようがない」だけで、冬季の他のインフルエンザや鳥インフルエンザと、一緒に流行した場合、交雑による、早い多様な毒性の変化、タミフルへの耐性を獲得など、危険度が増す可能性も、十分にあるのである。

 ウィルス自体も「全く」予想できない変化をし続ける宿命にある、生命と非生命の境界の遺伝子の存在だからこそ、「どう変化」していくか、誰にもわからない。もちろんウィルス自体にもわからない。
 
 言える事は、現在「弱毒性」だからといって、「安全」という事にはならないという事、今も潜伏期の人達の間で感染は広がり、変異は続いていて、それに「誰も」免疫を持っていないという事だけである。

 スペインかぜ流行当時の世界人口は約18億人、その全人類の約3割がスペインかぜに感染したことになる。

 日本では当時の人口5500万人に対し48万人。米国でも50万人が死亡した、この「弱毒性」のスペインかぜは・・・
 ここ100年の戦争や災害など全ての人類の死因の中でも、もっとも多くの人間を短期間で死に至らしめた記録的な犠牲者を出した。
 
 「弱毒性」のスペインかぜは、原爆、B-29、ヒトラーよりも、ある意味、最も「凶悪」だった「弱毒性」の「新型インフルエンザ」だった事は教訓としておかなければいけないだろう。
DVC50279.jpg
スポンサーサイト

テーマ=大航海時代Online - ジャンル=オンラインゲーム




【2009/05/19 21:55】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






<<夏料金 | Top | 新・新型インフルエンザ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nonkinawide.blog21.fc2.com/tb.php/613-e0192a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。